換気扇修理で暮らし快適化~換気で空気クリーン活動~

リビング

カビやダニに注意

実施者

室内に悪い空気を溜めているとカビなどが発生して住宅や住民の健康を害してしまうので、換気扇を使用する必要があります。
換気扇を使用することによって室内悪い空気が外に排出され、外の新鮮な空気を常に室内に取り入れることができます。
住宅内でにおいの強い場所や湿気の多い場所などの換気は特にまめに行なう必要があります。
そんなにおいの強いキッチンやトイレをはじめ、湿気の多い浴室などにも換気扇は設置されているので24時間いつでも新鮮な空気を取り込むことが出来ます。
キッチンではガスを使用することからより大量に排気を行なう必要がありますが、冬場などは給気の際に冷気が入り込んできて暖房が効かない場合も多くあります。換気扇の状態によっては故障している場合もあるので、工事業者か修理業者に依頼する必要があります。
また、換気扇の強弱の調節を行なうことによって、給気の量も同時に調節することができます。
料理の種類によって風量を調節することで、冬場の暖房への影響も少なくなります。

カビやダニが発生してしまう原因は、湿気による結露などになります。
湿気を溜めないようにしっかり換気をすることによって、結露の発生を防止し同時にカビやダニの発生も阻止することに繋がります。
新建材の住宅の多くは住宅の内部に有害物質が充満している状態になります。
有害な化学物質などをしっかり排気することによって、シックハウス症候群などの症状を抑える働きに繋がります。
思わぬ場所が原因で、健康被害を起こすこともあるので、注意する必要があります。